アラサー×美白デビュー

トップページ > 美白化粧品デビュー?その前に紫外線の怖さを知って!

美白化粧品デビュー?その前に紫外線の怖さを知って!

20代後半から30代になってくるととたんに増えてくる女性の悩みが「シミ」「肌のくすみ」です。
「シミが目立つようになってきた」「なんとなく肌がくすんで顔色が悪く見える」そこで「よし、美白化粧品デビューするか!」となるようですがその前にちょっと立ち止まって、まずはシミやくすみの原因ともいえる「紫外線」について知っておきましょう。

【シミができる原因とは】
紫外線をたくさん浴びると、肌は大きな刺激を受けます。ダメージが皮膚の奥にまで入り込まないように、肌はバリア機能を働かせます。細胞がメラニン色素を作り、これが俗に言う「シミ」となって肌にあらわれます。

【紫外線は蓄積される】
若いうちはどんどん日焼けをしても特に肌トラブルも起きず、シミひとつなかったのに「30歳をすぎたら気をつけているのにもかかわらずシミが増えてきた!」という人も多い。これは蓄積された紫外線のダメージが後から影響して一定の年齢になるとシミになったりたるみが出たり、肌のくすみが起きるのです。

【紫外線の種類と影響】
・A波
・B波
・C波
と3つの種類があります。C波はオゾン層が守ってくれているので今の段階では届いていないようですが(被害が出るほどは)、A波とB波によって日焼けや炎症を起こし、それが最終的にシミやしわ、たるみ、くすみの原因となるわけです。

まずは極端に紫外線を浴びないように、夏に限らず帽子をかぶるなどの対策をとることも小さいことですが重要なポイントです。
そして紫外線を浴びたら、なるべく早く「美白ケア」をしましょう。美白ケアデビューは早くするにこしたことはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)Copyright 2014 アラサー×美白デビュー All Rights Reserved.