アラサー美白

アラサー×美白デビュー

20代のうちは少々日焼けをしようが、肌はくすまず、シミもできないので安心していませんでしたか?

それが30代になってくると、「最近はちゃんと帽子もかぶって紫外線を防いでいるのになぜかシミができる」なんて悩みが増えてきます。これはアラサーになってからの紫外線ダメージだけでなく、それまで蓄積されてきた「若い頃のツケ」が回ってきているのかも!

アラサーになってからの美白化粧品選びでは、保湿力もポイントになってきます。なぜなら20代の頃と違ってだんだんと肌の保水力が落ちてくるのがアラサー世代。肌が乾燥するとトラブルも増えますし、角質層のバリアー機能が低下します。

バリアー機能が低下すると、紫外線のダメージをより受けやすくなってしまいます。そうなるとシミは減るどころか増えるいっぽうです。

ですから、30代になったら、美白効果成分だけに注目せずに「保湿効果」もあるスキンケア製品を選んだほうがいいですね。

美白効果が高いと言われる「ビタミンC誘導体」という成分もできるだけ速効性のあるものを選びましょう。持続性も大切ですが、アラサー世代には「すぐ効く!」ことも重要です。

そして地道にお手入れを続けて行くのが最終的な美白ケアのポイントです。「今日はたくさん日を浴びたから」とその日1日だけ美白ケアをしても(しないよりはマシですが)あまり効果はありません。

自分では気づかなくても、ちょっと外出しただけでも紫外線の強い光を浴びている事は多いのです。

蓄積されてしまっているダメージの分も考えて、なるべく継続して毎日美白ケアのお手入れをすることをお勧めします。

アラサー美白は保湿に着目!

肌を白くすることに集中していて忘れられがちなのが保湿です。

保湿は美白にとても重要で、保湿ができていないと美白効果も半減します。保湿は肌のターンオーバーを正常に保つので、シミを追い出すのに欠かせない要素です。

ターンオーバーが活発になれば出来たシミが消えるのも早くなります。

アラサーになると乾燥気味になることが多く、ターンオーバーが乱れ気味。保湿を適切にするだけでも美白効果があります。

目の周りの美白は禁止!

目の周りが淀んでいるのはクマや糖化現象が主な原因。美白化粧品成分をつけると荒れてかゆくなったり赤くなることがあります。目の周りは美白化粧品は避けたほうがマル。

目の周りのかゆみについて http://目の周りのかゆみ対策.net/

基本は角質肥厚となる乾燥を防ぎつつ、糖化現象に対策ができるようなもので、なおかつ敏感肌に使えるくらい安全なものがおすすめ!

特にアラサー肌には肌がゆらぎやすくて弱くなってくるタイミング。美白にとらわれすぎて真っ赤なパンダ目にならないように!

30代の第1位・2位の肌悩みを一挙に解決!

30代の肌悩み第1位は毛穴。次にシミやくすみがきます。

この2つ両方に対応しているのがビタミンCです。ビタミンCは美白有効成分でもあり、皮脂分泌の抑制やコラーゲン生成活性化など毛穴の開きにも効く成分です。

40代になると肌悩み1位はシミになり毛穴と逆転します。

これはシミのほうが目立つだけで、決して毛穴が解決しているわけではありません。

しかし、ビタミンCを30代の間に有効活用することで、40代で悩むシミ、そして今特に悩んでいる毛穴の悪化も防げます。

注意したいのはビタミンCの選び方。

参照:毛穴とビタミンC.net

ベストは美容液です。多くのビタミンCを溶かすことができます。

そして種類。ビタミンCは水溶性で肌に弾かれ浸透しません。そこで誘導体が用いられますが、これもかなりピンきりがあります。一番いいのは生のビタミンCです。

現状でこれが試せるのが一つのブランドだけ。上記サイトで紹介されているブランドです。

ビタミンCの濃度と浸透力。この2つが揃うと30代の先はかなり明るくなること間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加